わたしたちの料理環境

すべての人に関わりのある「料理」。
日々の食事は、わたしたちの生活に欠かせないものです。

生きていくために「料理」が必要なのはもちろんですが、
第3次産業の比率が上がっている今、
そしてインターネットが普及している今、
「料理」を取り巻く環境はどんどんおもしろくなっています。

料理のレシピならネット上の「クックパッド」などのサービスを利用すれば
手持ちの材料からレシピを探して料理をする事も、食べたい料理から
レシピを調べる事もできます。
さらに食材も同時に購入できるなど、非常に便利なサービスが身近になっています。

ちなみに、レシピをiPadなどで確認しながら料理する事もできますが、やはりレシピは
プリントアウトして、活用する方が便利です。
レシピや料理写真など沢山印刷すると、「用紙代や、インク代が気になるし・・・」
という方もいらっしゃるかもしれませんが、
互換インクを使うとインク代がぐっと抑えられます。

このように、毎日の「料理」がより便利に、簡単になりつつあり
最近では特に、女心を惹きつける料理教室に人気が集まっていたり、
「料理」を通したコミュニケーションが注目されています。
コミュニティの中には作品としての「料理」を見かけることもあります。
世の中にあるたくさんの便利なサービスや商品を選ぶことで、
きっとよりいっそう「料理」を楽しめます。

いつのまにか、わたしたちの「料理」環境はとっても自由です。

料理ができない方や料理初心者さんも、
ただ栄養を補おう、食事をしようとするだけでなく、
「料理」を楽しむ気持ちがあれば、簡単に、自分の世界を広げることができます。

お惣菜はともかく、コンビニの弁当や冷凍食品など、
そういった食事は手軽にとることができますが、
それらの中には食品添加物が多く含まれています。
食品添加物は少量なら摂取しても問題ないとも言われていますが、あれらが劇薬であることに間違いはありません。

料理を楽しみ、自炊をしながら極力体に悪いものを摂取しないような生活をこころがけていきたいですよね。

現在はオーガニック製品がどんどん台頭してきています。
体に触れるものには出来るだけ自然なものを、
そういった思いもあり、
私はhttp://nunona.jp/というサイトの布ナプキンを使い始めました。
布ナプキンの影響なのか、毎月悩まされていた生理痛がだいぶ良くなったような気がします。